TVision

2018年1月クール テレビ番組視聴質ランキング

 要点
 ・1位はNHK『西郷どん』、2位は日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、3位はテレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』がランクイン。
  土日のプライムタイムの番組が上位に

 ・男性はテレビの前にいても必ずしも画面を注視しているとはいえないが、女性は見る番組を決めて集中して視聴する傾向に

 ・NHK大河ドラマ、TBS日曜劇場などの常連番組枠に加え、『トドメの接吻』『もふもふモフモフ』『ヒャッキン!』などが新たにランクイン

 

日本テレビから最多6番組がランクイン。NHK大河ドラマやTBS日曜劇場など常連番組枠が上位に入る中、山崎賢人主演のドラマ、日本テレビ『トドメの接吻』が4位に食い込む
 
1月期も数多くの新番組が放映されて話題となりましたが、視聴質が高かったのはどの番組だったのでしょうか。TVISON INSIGHTS(以下TVISION)では、独自に計測した視聴質データを基に「2018年1月クール テレビ番組視聴質ランキング」を作成しました。

 

2018年1月クール テレビ番組視聴質ランキング(個人全体)


※VI値・AI値についてはページ最下部の「データについて」をご参照下さい。

 
今回のランキングは、VI値とAI値をかけあわせた「VI値×AI値」の高い順に順位づけしました。これは専念視聴度合いであり、数値が高いほどその番組がよく見られていることを示します。
以下、上位の番組にはどのような特徴があるのかを見ていきます。
 
1位は『西郷どん』、2位は『イッテQ!』、3位は『家、ついて行って』。上位は土日プライムタイムに集中
視聴質トップ5は、1位NHK『西郷どん』、2位日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、3位テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』、4位日本テレビ『トドメの接吻』、5位TBS『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』となりました。4位以外は、これまで当社が発表してきた番組視聴質ランキング(2017年4月クール、7月クール)で常にトップ20入りしている常連番組枠です。
トップ20入りした番組を放送局別に見てみると、日本テレビが6本、テレビ東京が5本、NHKが4本、テレビ朝日が3本、フジテレビとTBSが各1本という内訳になりました。中でも日本テレビの番組6本のうち4本が日曜日のプライムタイム(19~23時)の番組です。さらにトップ10だけにフォーカスしてみると、うち9本が土日のプライムタイムに集中していました。
 
男性はテレビの前に長時間滞在、女性は集中して番組を見る傾向に
2018年1月クール テレビ番組視聴質ランキング(男性・女性)

男女の違いを見てみると、男性ランキングのうち12本がバラエティーで女性ランキングのうち9本がドラマとなりました。男性ランキングにはスポーツが2本ランクインしています。
数値の特徴としては、全体的に男性はVI値(滞在度)が高く、女性はAI値(注視度)が高くなる傾向があります。男性は、長時間席を立たずにテレビの前にいるものの、必ずしも画面を集中して見ているわけではないようです。一方女性は、見たい番組を決め、目的意識を持って番組を視聴している様子がうかがえます。

 

【TVISIONが選ぶ、 高視聴質5番組】
視聴質の観点から今クールの特徴的な番組についてご紹介します。

① 1位 NHK『西郷どん』……男性の視聴質No.1! 女性の視聴質は20位
1月からスタートした『西郷どん』は、鈴木亮平主演で、西郷隆盛の半生を描く大河ドラマです。この番組は男性の視聴質ランキングでは堂々1位でしたが、女性ランキングでは20位となりました。ちなみに昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、4月クール:男性1位、女性4位、7月クール:男性1位、女性7位でした。前回の大河ドラマに比べて女性の専念視聴が低いのは、恋愛要素や少女漫画的な展開が少なく、男同士が熱い思いをぶつけ合う「無骨な男のドラマ」だからともいえます。主演の鈴木亮平と、島津斉彬役の渡辺謙による演技合戦も話題となりました。

 

② 4位 日本テレビ『トドメの接吻』……民放ドラマ視聴質No.1! 男性支持も高い
民放ドラマで視聴質トップだったのが、山崎賢人主演の『トドメの接吻』です。男性ランキングではドラマのランクインが少ない中、『西郷どん』に次ぐ5位に入り、女性だけでなく、男性の視聴質も高い結果となりました。本作は、冷徹なNo.1ホストがタイムリープを繰り返しながら、大富豪の令嬢との結婚を勝ち取るまでを追うオリジナルストーリーです。アニメや映画を中心に数多くの「タイムリープ作品」が作られてきましたが、1話で2度も3度もタイムリープし、時間軸がわからなくなるほどのスピード感は異色でした。これまでのイメージと異なる山崎賢人のクールな役柄や、主題歌を担当した菅田将暉の特別出演も話題になりました。世帯視聴率は高くはなかったものの、見る者を惹きつける良質な番組であったことがうかがえます。

 

③ 5位 TBS『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』……男女に支持される、ランクイン常連番組枠
本作は番組視聴質ランキングに必ずランクインするTBSの日曜劇場枠で、松本潤主演による法廷ドラマのセカンドシーズンです。法廷ものですが重々しさはなく、短いシーンの積み重ねによる小気味よいテンポ感が見やすさの特徴でした。事件解決間際の急展開からも目が離せません。随所に芸能人・著名人の“小ネタ”を散りばめたり、実際に起こった事件を基にしたことなども話題となりました。男性、女性の両方でトップ20にランクインしています。

 

④ 7位 NHK『もふもふモフモフ』……動物の愛らしさと堤真一のナレーションが女性の注視を集める
度重なるスペシャル放送を経て、この4月からレギュラー化した『もふもふモフモフ』は、文字通り「もふもふ」した動物をフューチャーする番組です。20分間画面を占拠し続ける動物の愛らしさはもちろん、犬や猫、うさぎなどになりきる、堤真一のハイテンションなナレーションも見どころの一つです。女性ランキングでも7位となり、女性の間で高い視聴質を獲得しました。

 

⑤ 13位 テレビ東京『ヒャッキン!~世界で100円グッズ使ってみると?~』……世界の名所と便利グッズがコラボ
2017年10月クールスタートのこの番組は、世界各国の名所を紹介しながら、その国で出会った人々に日本の100円グッズを使ってもらうという番組です。観光地めぐりをしているような気分になりつつ、身近な便利グッズに共感できる内容となっています。男性ランキングでも2位と、高い視聴質を獲得しました。

 

データについて
■視聴質を示す数値
・VI値(滞在度=Viewability Index)
テレビの前に人が滞在している度合いを示す。数値が高いほど、テレビの前の滞在人数が多く、滞在時間が長い。
・AI値(注視度=Attention Index)
テレビ画面に人の顔が向いているかを示す。数値が高いほど、画面を注視した人数が多く、注視秒数が長い。
■データの収集方法
関東800世帯の一般視聴者宅に人体認識アルゴリズムを組み込んだセンサーを設置し、顔認証システムを用いてテレビの前に人がいるか、視聴者の表情、番組のどこで画面に注目したかといった視
聴態勢を判断・計測しています。2015年6月より計測スタートし、2018年4月現在、地上波6局7チャンネルの全番組について、毎秒レベルで視聴質の計測を行っています。

■注釈
・対象番組は2018年1月1日(月) ~4月1日(日)に放送された15分以上の番組のうち、5回以上放送があったものです。そのうち、世帯視聴率5%未満、延べ接触回数が20回未満(共に当社計測値)、再放送のいずれかに該当する番組は除外しています。
 
・小数点3位以下は四捨五入しています。
・同じVI値×AI値の場合は、小数点第3位で順位をランキングしています。
・文中に記載したタレント・俳優のお名前は敬称略、順不同です。
・山崎賢人さんの「崎」は「たつさき」が正式な表記です。
 
TVISIONでは毎月、視聴質に関するニュースを様々な角度から発信していきますので、6月もご期待下さい。
 
毎月発表のランキング一覧はこちら
映画毎分視聴質、スーパーボウル分析などニュース一覧はこちら
平昌オリンピック 番組・CM 視聴質分析はこちら
TVISIONの視聴質ソリューションは>こちら
 
※本資料にある内容を転載、転用する場合は、下記へご連絡下さい。
広報担当
電話番号:070-1488-3702
メール:pr@tvisioninsights.com