これにより、日本法人・US法人共有のコア技術に対してより多くのリソースを割り当てることが可能になりました。
より多様かつ斬新な切り口での分析をご提供できるように努めてまいります。

BostInnoへ