2019/4/2掲載

人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢から「視聴質」データを取得・提供するTVISION INSIGHTS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:郡谷康士 以下「当社」)は、2019年4月より関西エリアの視聴質データを取得開始しました。2019年1月より取得していたBSチャンネル、TOKYO MXの視聴質データを2019年4月より提供開始しました。

 

TVISION INSIGHTSのデータ取得状況
(今回追加:関西エリアデータ及びBSチャンネル、TOKYO MXデータ)

 

データについて

    • 視聴質を示す数値
      ・VI値(滞在度=Viewability Index)
      テレビの前に人が滞在している度合いを示す。数値が高いほど、テレビの前の滞在人数が多く、滞在時間が長い。
      ・AI値(注視度=Attention Index)
      テレビ画面に人の顔が向いているかを示す。数値が高いほど、画面を注視した人数が多く、注視秒数が長い。

              • データの収集方法
                一般視聴者宅に人体認識アルゴリズムを組み込んだセンサーを設置し、顔認証システムを用いてテレビの前に人がいるか、視聴者の表情、番組のどこで画面に注目したかといった視聴態勢を判断・計測しています。

             

        <本件に関するデータや詳細説明をご希望の方>
        営業担当:河村 E-mail:info@tvisioninsights.com

        <本件に関する報道関係のお問い合わせ先>
        E-mail:pr@tvisioninsights.com