TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、関東の調査世帯を800世帯から1,000世帯に拡大するとともに、調査対象とするテレビの台数を1世帯につき、メインのテレビ1台から最大3台までの複数台取得に拡充しました。クライアントの皆様には2020年9月28日より提供開始しております。

 

■調査パネル拡充の背景

視聴者のライフスタイルの変化や、テレビ視聴デバイスの多様化等に伴い、テレビ視聴も多様化しています。弊社での調査は1世帯あたりメインテレビ1台の調査としておりましたが、クライアントの皆様より、リビングルームでの視聴だけではなく、自室での視聴を追いかけたいとの声を多く頂戴しておりました。特に若年層は、自室で若年層に向けたテレビコンテンツを視聴するケースが想定されております。時代に即した、より正確なデータを提供すべく今回、関東の世帯数拡大と複数台取得を開始致しました。

複数台取得については、1世帯最大3台までとし、週に一定時間以上視聴があると回答があったテレビに調査機器を設置しております。

 

■調査パネルの構成と取得データ概要

 

■今後の展望

関東、関西の更なる世帯数拡大、またそれ以外の地域での設置についても、クライアントのご要望に合わせて検討をしております。

また、コロナ禍の状況でOTT(Over-the-top: YouTube等のインターネット動画配信サービス)の躍進が報じられていますが、モバイルの視聴と同時にテレビでのOTT視聴も増加していると推察されます。今後、こういったテレビでのOTT視聴データの取得・提供についても検討しております。

TVISIONでは、時代のニーズに合わせたテレビデータの提供を今後も行って参ります。