TVISION INSIGHTS株式会社(以下TVISION)は、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングインテリジェンスプラットフォームであるDatoramaとのデータ連携を開始することをお知らせ致します。

 

 

■データ連携の背景

  当社は2015年の創業以来、関東、関西エリアに構築した調査パネルから、テレビの視聴態勢データを蓄積しています。顔認識・人体認識アルゴリズムを組み込んだ自社開発の調査機器を用い、「誰がテレビの前にいるか」「視線がテレビに向いているか」を毎秒で判定し、これをテレビの「アテンションデータ」としてご提供しております。2020年11月現在、累計100社以上の広告主や、放送局、広告会社の皆様にご活用いただいており、急成長を遂げている会社です。

   昨今、デジタルシフトが進むなか、いわゆるオフライン広告と呼ばれる、テレビ広告が本当に視聴者に届いているかをデータで精緻に把握したいというニーズはますます高まっており、当社はそのニーズに対して、世界で唯一テレビのアテンションデータをご提供することで、広告宣伝活動の一助となるべく努力して参りました。それと同時に、デジタル・トランスフォーメーションが進展するなか、広告宣伝活動も含めた企業の様々なデータをまるごとダッシュボードに入れ込み、広告主がデータに基づいてマーケティング活動のPDCAを回していく動きも加速しています。

   今まで当社は外部プラットフォーマーへのデータ連携はおこなっておりませんでしたが、今回初めて外部プラットフォーマーDatoramaとのデータ連携を開始するとともに、テレビCM GRPと世界で唯一のアテンションデータに特化した特別メニューをご準備致しました。Datoramaにとっても、国内のテレビデータは初めての搭載となります。これにより、Datoramaを利用する広告主様はテレビCMが売上/リード件数/レジ通過客数/ID-POS/ブランド検索数/SNSの口コミ量といった、事業戦略上重要なKPIへの波及効果及び相関関係をより一層理解することが可能となります。

 

■データ連携によって実現できること

   Datoramaへのデータ提供によって、Datorama上で、自社、競合のテレビ広告出稿状況だけではなく、アテンション量 (=アテンションベースでの獲得リーチ量)も把握できるようになります。広告主の皆様が追いかけているビジネスKPI (広告認知や来店数、アプリのコンバージョンやダウンロード等) とアテンション量の関係を把握することで、例えば目標値に対してアテンション量が不足している場合、単発タイム番組の購入やデジタル広告の出稿などを行い、機動的にリーチの補完をするといった、次の打ち手に対する意思決定にお使いいただけます。

 

<データイメージ>

■今後の展望

今後の予定といたしまして、Datoramaで連携できるデータ・フォーマットを増やし、より広告主の皆様の利便性が高いサービスを開発してまいります。また、Datoramaで統合されたマーケティングデータをもとに、弊社のデータサイエンティストがもつテレビCMデータ活用ノウハウを利用した、リーチ最適化/シミュレーション分析やMMM分析パッケージ等、コンサルティングメニュー開発も検討してまいります。

株式会社セールスフォース・ドットコムのプレスリリースはこちら
https://www.salesforce.com/jp/company/news-press/press-releases/2020/12/201222/

 

<本件に関する問い合わせ先>
 TVISION INSIGHTS株式会社 広報担当 佐野、峯島
 東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル6階
 E-mail info@tvisioninsights.com

 

【TVISION INSIGHTS株式会社について】
TVISION INSIGHTS株式会社は人体認識技術によってテレビ番組・CMの視聴態勢データを取得し、BtoB向け視聴分析サービスを提供しています。
ご家庭のテレビに、TVISIONが独自に開発した人体認識技術を搭載した調査機器を設置し、調査参加者の視聴態勢を毎秒で自動的に取得。「誰がテレビの前にいて、ちゃんと見ているか」というTVISION独自のアテンションデータを広告主・広告会社・放送局など国内累計100社以上のクライアントにご活用いただいています。現在、国内では関東エリアの1000世帯・関西エリア100世帯、地上波/MX/BSの全番組を計測しています。TVISIONでは「新しいデータによってメディアマーケットを圧倒的に進化させる」というミッションのもと、テレビの価値をアテンションデータによって顕在化しています。