TVision

最先端の人体認識技術による
データ取得機器を
一般視聴者宅に設置。

テレビ上部にとりつけたモーションセンサーカメラを通してテレビの前の複数の視聴者の目や表情を毎秒毎に測定、テレビがついているかどうかではなく、実際に誰がどのように反応したのかという、視聴の「質」の計測を可能にしました。

最先端の人体認識技術によるデータ取得機器を一般視聴者宅に設置。

「質」をどのようにデータ化するのか?
VI値、AI値と呼ぶ指数で評価します。

テレビの前の視聴の状況は主に以下の3ケースが考えられますが、 このうちVI値はテレビがついている時にテレビの前にどれぐらい人がいるかを示す指標、AI値はテレビの前にいる人の中でどれぐらいの人がテレビを注視しているかの指標です。それぞれの指標はそのままメディア・プランニング、クリエイティブ双方の評価として捉えることができます。

  • テレビがついているか

  • テレビの前に人が居るか

  • テレビへ人の顔が向いているか

テレビの前にいる度合い

日常の放映環境における視聴者の「存在度合い」を 指標化し、放映枠の「質」を評価。

テレビの前の「滞在度」
=メディア・プランニングの評価

1秒毎にデータを取得し、番組/CM/時間帯などの単位で算出可能。どのような視聴者がどんな番組を見ているか、どの時間帯に視聴者が集まるかを評価

テレビへの注目度合い

日常の放映環境における視聴者の「注目度」を 指標化し、コンテンツの「質」を評価。

テレビに対する「注視度」
=クリエイティブ/コンテンツの評価

1秒毎にデータを取得し、番組/CM/時間帯などの単位で算出可能どのクリエイティブ/コンテンツが視聴者を引き付けているかを評価

中間指標としての「滞在度」と「注視度」

VI値、AI値を高めることは、テレビ広告に対するビジネスKPIに対してもポジティブな効果を持ちます。

2016年4月から2016年9月の半年間における、放送局(NHK/ETV/NTV/TBS/EX/TX/CX )の全秒の加重平均値を、インデックス1.0と設定しています。