TVISION INSIGHTSの視聴質データで
Smart Ad Sales出稿における到達効率を最大化

読売テレビ様のSmart Ad Salesの出稿をご利用の皆様へ
TVISION INSIGHTSでは関西100世帯を対象に、最先端の人体認証技術を搭載したセンサーと機器を一般家庭のリビングに設置し、
テレビの前にいる視聴者の視聴態勢を毎秒ごとに測定したテレビマーケティングデータを提供します。

関西データについては、2019年4月以降のデータをご提供させていただいております。

視聴質データ概要

VI値・AI値とは

VI値はテレビがついている時にテレビの前にどれぐらい人がいるかを示す指標、
AI値はテレビの前にいる人の中でどれぐらいの人がテレビを注視しているかの指標です。
それぞれの指標はそのままメディア・プランニング、クリエイティブ双方の評価として捉えることができます。


視聴質データの位置づけ

視聴質データは今までになかった中間指標としてテレビ視聴をより正確に捕捉
視聴質を高めることがビジネスKPIに対してもポジティブな効果を持ちます。

時間帯別VI値・AI値ヒートマップ/個人全体 サンプルデータ


データについての不明点や詳細なご説明、ご要望がございましたら [su_button url=”https://tvisioninsights.co.jp/contact/” target=”blank” background=”#2dc2ef” size=”4″]お問い合わせ[/su_button] までご連絡ください。